今すぐまとめたい方へ!おまとめ・借換ローンの即日融資

通常カードローンでを申し込む方の多くは、急な出費を要する為に利用される傾向にあるのではないでしょうか。

カードローンで借り入れをおこなう魅力と言えば、審査が速い上にATMが利用できたり、その手軽さが挙げられると思います。

今や多くの金融機関において、最短での融資が可能であるようですが、おまとめや借り換えの場合も同様に即日融資をすることができるのでしょうか。

おまとめや借り換えでも即日融資

新規で契約と同様におまとめや借り換えでの即日融資ができる金融機関はいくつかございます。

基本的な部分として、正社員に限らずパートアルバイトであっても安定した収入があれば借り入れできるでしょう。

年令制限としては、満20歳から64歳未満がカードローンを利用する条件になります。

もっとも、新規借り入れと違い融資する側にしてみれば金額が大きくなってしまう等リスクを伴う割合が高くなる可能性がありますので、審査が厳しくなるのは必然と言えますね。

審査における必要事項

即日で借り入れを希望であれば、あらかじめ本人確認できる書類等を準備しておきましょう。

100万円を超える借り入れの場合に利用者本人であることを証明し、かつ勤務先や勤続年数等、収入証明書若しくは源泉徴収などが必要になります。

可能であれば午前中の間に申し込みをおこなうことで、その日の内には利用できる場合もあるようですね。

即日融資が利用できる金融機関

代表的な即日融資可能なカードローンをいくつかご紹介していきましょう。

まず、三菱東京UFJ銀行のパンクイックにおきましては、インターネットで申し込みをおこなった後に店頭におけるテレビ窓口でカードを受けることができます。

tatemono_bank_money

同じく銀行系カードローンとして、三井住友銀行やみずほ銀行、更にはオリックス銀行も利用できるのです。

この他にも、Webでの取引を完結できるモビットやイオン銀行カードローンBIGやソニー銀行があり、auユーザーにとっては優遇度の高いじぶん銀行等が挙げられるでしょう。

ただし、みずほ銀行やオリックス銀行、イオン銀行におきましては、それぞれ口座を開設しておかなければなりません。

消費者金融でもプロミスやアコム等も即日対応できるようです。アコムならば土日祝日でも利用できる点で便利ですね。

支払い方法に関しては、ネットバンキングや口座振替を利用することになりますので、各々金融機関に応じ確認しなければなりません。

atm_woman

即日融資で注意しなければならない事項

即日融資はとにかく今すぐにでもお金が必要である場合にメリットを感じることができるでしょう。

現在における債権の返済が迫っている場合には、一刻も早く金銭的な都合をつけなければならない訳です。

各金融機関はスピード感を前面に打ち出して借り換えローンを提供しておりますが、現在の借り入れ状況を十分精査しなければなりません。

金利や借りやすさだけで、即日だからと慌てて申し込みをする前に、借り換えすることが正しいのかをシュミレーションしましょう。

また、おまとめ・借り換えローンの性質上として融資を受ける場合に保証人を立てなければならない可能性がありますので、あらかじめ準備しておいた方がいいですね。

各金融機関をよく調べましょう

そもそも借り換えローンの目的は債務が軽減されなければ意味がありません。

借り換えによって総支払い額が増えてしまうかもしれませんので、よく考えた上で即日融資を利用しましょう。

カテゴリー: 基礎知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*