アイフルでおまとめ・借換ローン!おまとめMAXは優秀?

カードローンで金銭の借り入れをおこなっていますと、毎月の返済に頭を悩まされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

BJK_kyouheikangaeru_TP_V1

少しでも返済金額を減らすことができれば良いのですが、その方法として借り換えやおまとめローンがある訳です。

そういったカードローンは、銀行や消費者金融において利用することができるのですが、それぞれの機関によって金利や仕組みが異なります

例えば、銀行であれば金利は安いが審査が厳しいと言った特徴や消費者金融ならば、その逆で金利はやや高いものの即日で利用できる等、どちらも一長一短と言えますね。

ここでは、その中の一つアイフルに的を絞り説明していきます。

アイフルにおける借り換えの種類

アイフルには2つの制度があり、かりかえMAXとおまとめMAXと呼ばれるものになります。

まず、かりかえMAXになりますと、こちらは初めてアイフルを利用される方限定なのですが、金利は12.0から17.5%と高い印象ですね。

続いて、おまとめMAXにおいては、現在アイフルを利用しているか以前に借り入れの履歴があることが前提条件です。

こちらの金利は12.0から15.0%とかりかえMAXに比べ若干ですが安くなりますね。

どちらの場合も最大で500万円までの融資が可能で、返済期間は最長で10年までになります。

元利定額返済方式での返済になり、借り入れの際における担保や保証人が必要であるといったことはありません。

手続きにかかる事項

申し込みにおきましては、ご来店での手続きはもちろんのこと、インターネットや郵送でも可能です。

IMARIP0I9A7464_TP_V

満20歳以上で安定的に収入があり、返済できる状態であれば正社員にこだわらず、アルバイトやパートであっても問題ありません。

審査においては、本人を確認できる書類を要しますので、給与の支払いを受ける事業所の源泉徴収など収入を証明できる書類を準備しましょう。

申し込み後審査となるのですが、最短での融資ができるのも特徴で銀行と比較すると審査は通りやすいと言えるでしょう。

アイフルを利用する上でのデメリット

即日融資可能で、借り入れのしやすさがメリットとする反面、消費者金融ならではのデメリットもございます。

まず一番に挙げられるのは、とにかく高金利であるということでしょう。

法律上の金利上限が18%と考えても、かりかえMAXならその金利に近い値になりますのでその高さが伺えます。

またこのカードローンは返済専用になりますので、追加での借り入れを申し込むことはできません。

更に、返済において口座振替だけのご利用になります。他のカードローンで見られるようなATMを利用できるような仕組みでないので、不便さを感じてしまうかもせん。

借り換えはアイフルでするべきか

ここまでのアイフルの説明から考えて見ますと、借り換えをおこなう判断が難しいところでしょう。

やはり金利の部分だけで考えると、銀行などのカードローンの低金利と比較してもその高さがどうしても気になるところですね。

アイフルには残念ながら無利息期間といったサービスがありませんので、そのままの金利が初回からかかってくるわけです。

しかしながら早い融資をご希望の方にとっては、その融資のスピード感は大変魅力を感じるところでしょう。

借り換えをおこなう目的は、少しでも返済の支払額を押さえることが一番になると思いますが、ご利用ご自身の状況に応じて返済のシュミレーションをおこなった上でカードローンを選択することが重要です。

カテゴリー: 業者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*