在籍確認って何?おまとめ・借換ローンでもあるの?

借り入れできる金融機関が決まりますと、次に不安になることと言えば、事前確認になるのではないでしょうか

利用者本人の申告内容と相違がないか、実際に収入を得ている職場で働いていいるのかどうかの在籍確認がございます。

利用者の立場からすると、職場にカードローンで借金をしていることは出来れば知られたくないですよね。

それでは、この在籍確認と新規以外におまとめや借り換えの場合でも 必要であるのかを見ていきましょう。

在籍確認とは

カードローンを利用する用件として、安定した収入があることは絶対条件と言えるでしょう。

その為、申し込み時において、何処の職場でどういった収入を得ているのかを申告するこになります。

その後、申し込みのあった金融機関が利用者の職場に申告と相違がないのかの連絡するのですが、これがいわゆる在籍確認と言うわけです。

勿論、おまとめや借り換えの場合においても新規の場合と同様に在籍確認されますので、特に違う内容であるということはありません。

在籍確認の電話はどうやってかかってくる?

金融機関から職場に電話連絡をされると言うことは、借金をしていることがバレてしまうのでしょうか。

これに関しては、特に消費者金湯において基本的に社名を名乗ることは無いようです。

ただし、銀行であればカードローンということではなく銀行名を名乗るようです。

銀行でも利用者が希望すれば、担当者名でかけてもらうことができるようですが、一切社名を名乗らないことで職場に知られることが無いように配慮されている訳です。

PASONAZ160306260I9A1855_TP_V

利用者本人の確認

職場に電話がかかってきた際に、本人が本当に在籍しているのかどうかの確認がされます。

もっとも利用者本人がその電話の応対にでることが出来れば、単純に本人の氏名や住所などの確認することだけで済むのですが、問題は本人が不在の場合はどうなるのでしょう。

PAK77_telsuruoff20140823093027_TP_V

こちらに関しては、実際に電話にでた担当者に左右される模様です。単純に外出しているだけなのか、休日であるのか、最悪の場合は既に退職してしまっているかもしれません。

こういった在籍確認が不確かな場合は、再度あらためて連絡される可能性はあるようです。

特に借り換えの場合には、融資額も大きくなりますので、慎重にならざるを得ないといったところでしょうか。

在籍確認が不要な業者

数あるカードローンには、在籍確認無しでも融資してくれる業者もあるようです。

例えば、イオン銀行カードローンBIGでは本人への電話確認だけで済む場合や、モビットではWeb完結出来るもの、プロミスでは基本在籍確認ですが例外規定もあるようですね。

こういった在籍確認不要の場合に代わる調査としては、職場の社会保険証であったり、源泉徴収や収入証明書等で対応できるようです。

この他にも三菱東京UFJ銀行のパンクイックでは、テレビ窓口対応の店舗にて本人確認を済ましてしまう場合もあるようですね。

正確な申告をしましょう。

カードローンにおいては、新規でも借り換えでも絶対に虚偽の申告はしないということが重要です。

正しい事前申告をしていれば、在籍確認で問題になるようなことは基本的にはないでしょう。

虚偽の申告をすることで、結局審査に落ちてしまったり、個人の信用情報にキズをつけてしまうだけですから注意しましょう。

カテゴリー: 基礎知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*