審査が怖いあなたへ。おまとめ・借換ローンの審査を徹底検証

はじめてカードローンで借入を行う場合には、その申し込み方法や事前の審査等の確認事項について、よくわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

借り入れを行う理由も様々で運転資金や、学費など、どうしても直近でまとまったお金が必要である場合に比較的簡単に利用できるというのが特徴と言えますね。

過去に借り入れの経験もなく、安定した収入があれば、どの金融機関でも審査に対して障害も少なく、安全な融資対象と見なされ、容易に借り入れを行うことができるでしょう。

では、既にカードローンを使用していて、金利等の比較から他の金融機関に借り換えたり、多重債務者などが債務の一本化を目的としたおまとめローンにおける審査であればどうでしょうか?

pose_motsu_card

審査における心構え

基本的に審査そのものの内容は、はじめて利用する場合とほとんど変わりはないのですが、はじめての場合と比べ非常に厳しい審査になります。

まず一番大事になることは、借り入れを申し込むことに対してどれだけ誠実になれるかということになるでしょう。

どうしても借入をしたいと思うあまり、年収を多目に見積もってみたり、いわゆる虚偽の申告をすることは絶対に行ってはいけません

その他にも、審査に必要な事柄として、勤め先による勤続年数や居住地における環境であったり、家族構成等も問われることがあるようです。

多重債務者の注意すべき点

おまとめ・借り換えローンでは、すでに何らかの借り入れがあるということですので、その点を踏まえていくつか重要になる事柄を見ていきましょう。

特におまとめローンの場合、まず多重債務者の審査に関するポイントとして、今現在に借り入れをしているカードローンがいくつあるのかが重要になってきます

一般的に3社以内に抑えることが重要であり、仮に4社以上の借り入れがある場合に審査通過は難しくなるようです。

そこで、自身の借り入れ状況から、比較的金額が少ない金融機関の支払いを完済させるようにして、なんとか3社以内で申し込みができるようにしなければなりません。

申し込みは的を絞ろう

借り換えにおける審査は厳しいと思う観点から、短期間の内に数社に対して集中して申し込みを行うことはやめましょう

こういった行動も金融機関からすれば、要注意人物と見なされるようです。

申し込み履歴についても、個人の信用情報として数ヵ月間残ってしまうようなので、あらかじめ調べた上で借り入れする金融機関を選ぶようにしましょう。

その他の審査におけるポイント

利用者個人の信用情報においては、過去にローンの利用で遅延や滞納など、また債務整理などのいわゆる金融事故に関しての詳細が明らかにされています。

こういった過去の情報も数年間は記録として残されていますので、事前審査で全て明らかにされてしまうといったことになるでしょう。

貸し手からすれば、金融事故を起こした過去がある相手に融資することはリスクを伴い危険と判断してしまうでしょう。

そして、肝心なのは利用者本人の収入の安定性。借り換えに限らず、はじめて利用する場合にも言えることですが、毎月の返済を確実にできるのかが大事になります。

正社員なのかパートなのかはもとより、少なくとも借り入れ期間は転職などするべきではないでしょう。

不利な状況を取り除いて審査を乗り切りましょう

ここまで見ていくと、おまとめ・借り換えは難しいと考えるかも知れませんね。

審査を通過するためにも、一つずつ不安要素を取り除くことで、借り入れ出来るということを考えていきましょう。

money_fueru

カテゴリー: 基礎知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*