おまとめ・借換ローンとは。分かりやすく教えます。

銀行や消費者金融から、何らかの目的に応じていくらか借り入れをしていれば、毎月の支払いに頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか。

特に1社だけに限らず、2社、時には数社から同時に借り入れを行っている場合にその支払いにおける管理だけでも大変です。

金融期間から借り入れを行う場合は、それぞれに金利がかかってくる訳で、もちろん各機関に応じてかかる金利は異なり、その利率も高いものから低いものまで様々ですね。

こういった今現在借り入れしているローンを新たに本化したローンにしたり、今よりも少しでも金利を下げることができる金融期間に借り換えできる方法を見ていきましょう。

借換ローンとは

今現在、返済途中の債務を考えると、いくらかの残債務がある状況で新たに別の金融期間でローンを組み直す手段として借り換えを行います。

その流れとしては、他の金融期間で残債務を新たなローンとして組み直すことができるといった形になるのですが、そのために元の債務を次の機関に全額返済してもらって、その分をローン返済するというこになるのです。

当然のことながら、借り換えを行うことの意味としては、今の負担を軽減させなければわざわざ手間をかける必要がないわけで、金利が安くなるなどのメリットを考えなければなりません。

max16011508_TP_V

おまとめローンとは

金融期間からの借り入れが数社に及んでしまっている場合にそれぞれ金利も異なる上に返済期日もまちまちであったり、その都度口座を管理するのも手間であります。

そういったいくつかのローンを一つにまとめて返済することが出来れば、管理もしやすい上に金利も一本化されるので、余計な出費を押さえることにも繋がりますね。

そのために、借り換えと同様に新たな金融機関から残債務を全額返済してもらって一つの機関で残りの債務をローンとして組み直すことができるのです。

カードーローンにおける一本化

おまとめローンとして考えられるのは、カードローンとしての返済を行っている方が主になってきます。

もっとも、これまでの返済実績において延滞を繰り返していたり、滞納における過程で差し押さえにあっていたりすると、あらためてローンを組み直すといったことは非常に難しくなってくるでしょう。

TC160130090I9A6530_TP_V

貸し手の金融機関も利用者が返済できなくなるような事態を招いてしまう訳にはいきませんので、そういったリスクを回避するためにも事前審査は厳しくなってくるのです。

もちろん一本化とはいっても、あまりに多くのカードローンからの借り入れがあり、いわゆる多重債務者であれば審査の段階で通らない可能性が高くなります

おまとめや借り換えに関する注意事項

これまで述べたようにおまとめや借り換えは、非常に有効であるように感じることができるかもしれません。

しかしながら、ここで注意しなければならないのははたして本当に借り換えをすることが得なのかといったこと。

新しいローンを組み直すということは、その際に手続きに関する諸経費が必要でありますし、もっとも諸経費もローンに組み込むことができるのですが、結果として支払い総額で以前のものより上回ってしまう可能性もありますので注意しましょう。

その為にも、事前にどういった支払いのなるのかのシュミレーションをすることが重要になってきます。いくつかのパターンを考えて計算してみることで、その不安を解消することができますね。

カテゴリー: 基礎知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*