気を付けよう!おまとめ・借換ローンのデメリット

ローンのおまとめや借り換えをおこなう目的は、今、現在のローンにおける支払いを如何に押さえることができるかが重要になります

毎月の決まった返済日に合わせて支払いを続けることになりますので、日々の生活を考えるならば少しでも安く返済することが出来ればいいわけですね。

その為に、より条件のよいローンに借り換えたり、いくつかのカードローンを一本化して返済を簡潔化することが考えられるでしょう。

しかしながら、おまとめや借り換えローンで確実に月々の支払いが軽減されるとは限りませんので注意しなければなりません。

そういった、注意するべき事項や借り換え時におけるデメリットになる点を考えていきましょう。

おまとめ・借り換えの考え方

まずは、今現在に返済しているカードローンにおける状況を考慮し、月々の金利をいくら支払い、借り入れ期間や最終的にどれくらいの支払い総額になるのかをまず考えなければなりません。

PAK83_500encointachi20140305-thumb-autox1600-16748

また、数社からのカードローンのを利用している場合に金利や返済日が異なる状況を回避するために、ローンを一本化することを考えます。

おまとめや借り換えは、如何に支払いをできる限り抑えることや、おまとめならば支払いを簡潔化することが目的であることが挙げらると思います。

デメリットになるパターン

ローンを借り換えると言うことは今の借金を立て替えてもらって新しくローンを組み直すことになります。

ここでよく考えなければならないのは、借り換えによって状況がより悪化してしまう可能性があるということです。

DI_IMG_5697_TP_V

その一つが、最終的な返済総額が増えてしまう場合でしょう。確かに金利の安い金融機関を選んだとして毎月の支払いが少なくなったとしても、その分返済期間が長くなり結局は総額として多くなってしまったケースが考えられます。

返済期間が長くなると言うことは、その期間に合わせて金利も払い続ける訳になり、月々の支払い金額が減っているので、最終的な部分で見落としがちになってしまうのです。

次に、審査がより厳しくなってしまうということですが、いわゆる多重債務者が利用するケースが挙げられるでしょう。貸し手からすれば、返済の遅滞や滞納のリスクを負ってしまう恐れがあります。

そうなると、審査をする上で厳しくなってしまうのは当然かもしれません。ローンのおまとめや借り換えを行うことで、支払い総額が増えれば、事前審査を慎重にならざるを得ないでしょう。

その他注意するべき点

カードローンにおいて、借金の返済を行っていると、実際支払うべき金額よりも払いすぎている可能性があります。

つまり、法定で決まっている以上の高金利で払い続けている場合に金利の計算をやり直して払い過ぎた分を請求することができる制度ですね。

しかし、この制度を利用しないでおまとめで一本化してしまった場合にこの機会を失ってしまいますので、よく考慮した上で借り換えを行いましょう。

銀行と消費者金融どちらを利用?

実際に借り換えをするならば、どの機関を利用するべきでしょうか。

基本的に、どの金融機関でもおまとめ・借り換えローンに関する取り扱いはあるようですが、どちらかと言えば銀行の方が若干、金利が安く見えるようですね。

銀行であれば借入限度額が大きいという特徴があるようですが、借り入れの際にその保証として不動産を担保にしなければならなかったり、公正証書の作成や保証人を要する必要がある可能性があります。

もっとも、消費者金融各社でも、その取り扱いはあるのですが、やはり金利や手続きなどにかかるコストを考えれば、借り換える意味合いがなくなってしまいそうですね。

最適な方法で返済しましょう。

如何でしたでしょうか。おまとめや借り換えをおこなう際は、事前に確認しなければならない事が多くあります。

また一度どういった形で返済していくのかのシュミレーションは必ず必要になってくるでしょう。

カテゴリー: 基礎知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*