今すぐまとめたい方へ!おまとめ・借換ローンの即日融資

通常カードローンでを申し込む方の多くは、急な出費を要する為に利用される傾向にあるのではないでしょうか。

カードローンで借り入れをおこなう魅力と言えば、審査が速い上にATMが利用できたり、その手軽さが挙げられると思います。

今や多くの金融機関において、最短での融資が可能であるようですが、おまとめや借り換えの場合も同様に即日融資をすることができるのでしょうか。

おまとめや借り換えでも即日融資

新規で契約と同様におまとめや借り換えでの即日融資ができる金融機関はいくつかございます。

基本的な部分として、正社員に限らずパートアルバイトであっても安定した収入があれば借り入れできるでしょう。

年令制限としては、満20歳から64歳未満がカードローンを利用する条件になります。

もっとも、新規借り入れと違い融資する側にしてみれば金額が大きくなってしまう等リスクを伴う割合が高くなる可能性がありますので、審査が厳しくなるのは必然と言えますね。

審査における必要事項

即日で借り入れを希望であれば、あらかじめ本人確認できる書類等を準備しておきましょう。

100万円を超える借り入れの場合に利用者本人であることを証明し、かつ勤務先や勤続年数等、収入証明書若しくは源泉徴収などが必要になります。

可能であれば午前中の間に申し込みをおこなうことで、その日の内には利用できる場合もあるようですね。

即日融資が利用できる金融機関

代表的な即日融資可能なカードローンをいくつかご紹介していきましょう。

まず、三菱東京UFJ銀行のパンクイックにおきましては、インターネットで申し込みをおこなった後に店頭におけるテレビ窓口でカードを受けることができます。

tatemono_bank_money

同じく銀行系カードローンとして、三井住友銀行やみずほ銀行、更にはオリックス銀行も利用できるのです。

この他にも、Webでの取引を完結できるモビットやイオン銀行カードローンBIGやソニー銀行があり、auユーザーにとっては優遇度の高いじぶん銀行等が挙げられるでしょう。

ただし、みずほ銀行やオリックス銀行、イオン銀行におきましては、それぞれ口座を開設しておかなければなりません。

消費者金融でもプロミスやアコム等も即日対応できるようです。アコムならば土日祝日でも利用できる点で便利ですね。

支払い方法に関しては、ネットバンキングや口座振替を利用することになりますので、各々金融機関に応じ確認しなければなりません。

atm_woman

即日融資で注意しなければならない事項

即日融資はとにかく今すぐにでもお金が必要である場合にメリットを感じることができるでしょう。

現在における債権の返済が迫っている場合には、一刻も早く金銭的な都合をつけなければならない訳です。

各金融機関はスピード感を前面に打ち出して借り換えローンを提供しておりますが、現在の借り入れ状況を十分精査しなければなりません。

金利や借りやすさだけで、即日だからと慌てて申し込みをする前に、借り換えすることが正しいのかをシュミレーションしましょう。

また、おまとめ・借り換えローンの性質上として融資を受ける場合に保証人を立てなければならない可能性がありますので、あらかじめ準備しておいた方がいいですね。

各金融機関をよく調べましょう

そもそも借り換えローンの目的は債務が軽減されなければ意味がありません。

借り換えによって総支払い額が増えてしまうかもしれませんので、よく考えた上で即日融資を利用しましょう。

おまとめ・借換ローンと債務整理の違い!どっちがお得?

カードローンのおまとめや借り換えをおこなう理由として、如何に月々の支払いを軽減することが挙げられます。

最終的に総支払い額が少なくなれば良いのですが、低金利で借り入れた場合でも返済期間の程度によっては金額が多くなってしまう可能性も。

money_omoi_loan

毎月の返済が厳しく、少しでも負担の軽減としての借り換え以外の方法に債務整理を考えてみましょう。

債務整理とは

借り入れ金額の返済が、個々の諸事情により弁済不可能になってしまった場合に債務者と債権者という立場での減額や免除をする方法です。

借り入れローンのように債務を改めて組み直すと言うものではなく、法律に乗っ取って手続きをおこないますので、弁護士や裁判所により進めていく訳ですね。

もっとも、債務整理は最終的な手段と考えるべきであり基本的には自力で返済する方が理想的と言えるでしょう。

債務整理の方法

その手法は全部で4つのパターンがありますので、債務を減額等少し減らす場合と大部分をカットしてしまう場合とに分けて説明していきましょう。

任意整理と特定調停

まずは、任意整理と呼ばれるものですが、こちらは当事者同士が裁判所を介さず和解することが目的になります。

弁護士に依頼して法律に基づき、利息をカットしたり債務そのものを減額してもらいましょう。

続いて、特定調停になりますが、こちらは裁判所を介した任意整理であり万が一滞納してしまうと給与等が差し押さえにあう恐れがありますので注意しなければなりません。

個人再生と自己破産

ここからは債務の大幅カットをおこなう個人再生ですが、債務の金額が大きい場合に、その額の20%を3年で分割して支払いをおこないます。

その上で残りの80%は全て免除してもらうのですが、非常に手続きが面倒でありかなりの時間を要してしまうのが難点と言えますね。

最後に自己破産ですが、その名の通り債務の全てを無くしてしまう方法になります。

裁判所に自己破産の申し立てをおこない、返済が不可能であると判断されれば債務全額支払わなくてもよくなるわけですね。

自己破産になってしまいますと、官報や破産名簿等に名前が掲載され全てが公のもとに晒されてしまいます。

さらに所有物に関して自宅や車等は債権者に分配されてしまうように全てではありませんが、債務が無くなる代償に失う物も大きくなってしまいますね。

もっとも、自己都合による借金等、例えばむやみに浪費する方やギャンブル等で借金を重ねているような場合は裁判所からの免責をうけることはできません

債務整理の注意点

返済しなければならない債務が減額或いは免責されることを考えると、非常に有効な方法であるように思うでしょう。

しかしながら、債務整理をおこなったことで信用情報にその旨が5年から10年の間記録されてしまいます。

black_list

当然のことながら、次回カードローン等で借金をすることができなくなってしまうでしょう。

借り換え?それとも債務整理?

ご自身の生活水準を考慮した上で、債務の返済を十分にできる状態であるならば、おまとめや借り換えローンで見直しを考えるべきではないでしょうか。

ただし、借り換えで返済額が増えてしまっては本末転倒になってしまいますね。

そういった点さえ注意し、十分シュミレーションをおこなった上で返済が軽減されるのであれうば借り換えしましょう。

それでも尚、どうしても返済できないような事態になってしまった場合に債務整理の手段を用いるべきです。

特に自己破産のような手段は、最終的な判断の元でおこなうことをオススメします。

アイフルでおまとめ・借換ローン!おまとめMAXは優秀?

カードローンで金銭の借り入れをおこなっていますと、毎月の返済に頭を悩まされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

BJK_kyouheikangaeru_TP_V1

少しでも返済金額を減らすことができれば良いのですが、その方法として借り換えやおまとめローンがある訳です。

そういったカードローンは、銀行や消費者金融において利用することができるのですが、それぞれの機関によって金利や仕組みが異なります

例えば、銀行であれば金利は安いが審査が厳しいと言った特徴や消費者金融ならば、その逆で金利はやや高いものの即日で利用できる等、どちらも一長一短と言えますね。

ここでは、その中の一つアイフルに的を絞り説明していきます。

アイフルにおける借り換えの種類

アイフルには2つの制度があり、かりかえMAXとおまとめMAXと呼ばれるものになります。

まず、かりかえMAXになりますと、こちらは初めてアイフルを利用される方限定なのですが、金利は12.0から17.5%と高い印象ですね。

続いて、おまとめMAXにおいては、現在アイフルを利用しているか以前に借り入れの履歴があることが前提条件です。

こちらの金利は12.0から15.0%とかりかえMAXに比べ若干ですが安くなりますね。

どちらの場合も最大で500万円までの融資が可能で、返済期間は最長で10年までになります。

元利定額返済方式での返済になり、借り入れの際における担保や保証人が必要であるといったことはありません。

手続きにかかる事項

申し込みにおきましては、ご来店での手続きはもちろんのこと、インターネットや郵送でも可能です。

IMARIP0I9A7464_TP_V

満20歳以上で安定的に収入があり、返済できる状態であれば正社員にこだわらず、アルバイトやパートであっても問題ありません。

審査においては、本人を確認できる書類を要しますので、給与の支払いを受ける事業所の源泉徴収など収入を証明できる書類を準備しましょう。

申し込み後審査となるのですが、最短での融資ができるのも特徴で銀行と比較すると審査は通りやすいと言えるでしょう。

アイフルを利用する上でのデメリット

即日融資可能で、借り入れのしやすさがメリットとする反面、消費者金融ならではのデメリットもございます。

まず一番に挙げられるのは、とにかく高金利であるということでしょう。

法律上の金利上限が18%と考えても、かりかえMAXならその金利に近い値になりますのでその高さが伺えます。

またこのカードローンは返済専用になりますので、追加での借り入れを申し込むことはできません。

更に、返済において口座振替だけのご利用になります。他のカードローンで見られるようなATMを利用できるような仕組みでないので、不便さを感じてしまうかもせん。

借り換えはアイフルでするべきか

ここまでのアイフルの説明から考えて見ますと、借り換えをおこなう判断が難しいところでしょう。

やはり金利の部分だけで考えると、銀行などのカードローンの低金利と比較してもその高さがどうしても気になるところですね。

アイフルには残念ながら無利息期間といったサービスがありませんので、そのままの金利が初回からかかってくるわけです。

しかしながら早い融資をご希望の方にとっては、その融資のスピード感は大変魅力を感じるところでしょう。

借り換えをおこなう目的は、少しでも返済の支払額を押さえることが一番になると思いますが、ご利用ご自身の状況に応じて返済のシュミレーションをおこなった上でカードローンを選択することが重要です。

おまとめ・借換ローンは東京スター銀行!限度額の高さはピカイチ!

カードローンにおける業者には様々な金融機関が存在しますが、それぞれに特徴がありご自身の収入や返済能力に応じて選択することができます

現在カードローンを既にご利用の方、若しくはいくつかのローンを抱えている多重債務者においては、今よりもより返済額の少ない方法があれば、おまとめや借り換えを考えるのではないでしょうか。

PAK86_nayamubiz20131223_TP_V

その対象として、銀行や消費者金融において金利の見直しにおける借り換えをおこなうのですが、その中の一つ東京スター銀行を今回は取り上げて見たいと思います。

東京スター銀行におけるカードローン

こちらの銀行のカードローンは法人よりむしろ個人への融資を特に対象にした銀行として知られています。

スターカードローンとして取り扱いがおこなわれ、4.5%から14.6%の金利で500万円まで利用でき、300万円までならば収入証明不要で借り入れできるようですね。

では、おまとめや借り換えローンにおいてはどうでしょうか。

スターワンバンクローンを利用しましょう

東京スター銀行における商品の中で、おまとめローンと借り換えローンとして利用できるのがこのスターワンバンクローンになります。

まず、おまとめの場合を説明しますと、金利は5.8%から14.8%となり限度額が何と1000万円までと非常に高額の融資を受けるというのは魅力的ですね。

続いてのりかえローンですが、こちらは金利7.8%から9.8%となり、こちらも1000万円までが融資枠として利用できます。

また、このローンはどちらも追加借り入れができるというメリットがあるようですね。

スターワンバンクローンの利用制限

このローンにおける金利の低さや限度額の大きさが魅力である反面、事前審査が非常に厳しくなっています。

これだけの高額融資であるが故に、銀行としてもそれだけのリスクを伴うのであれば当然と言えるのかも知れませんね。

それ故に、年収で200万円に満たないパートやアルバイトでは利用出来ないことになっています。

更に、申し込み後の融資が始まるまでにおまとめならば2週間程度になり、のりかえならば1ヶ月近くもかかってしまうのが難点と言えますね。

返済方法としては、口座引き落としのみでの対応なりますので、銀行への口座開設は必須であるでしょう。

また、月々の支払いが遅れてしまった場合の遅延損害金の利率は14.8%。他社のカードローンであれば18%以上であるので、その割合をみても若干リスクが少ないのも特徴です。

その他の諸条件等

年収制限のあるローンですが、満20歳以上65歳未満が貸し出しの条件となります。

申し込みに関しては、来店する必要はなく電話かインターネットでできますので便利ですね。

gori0I9A3217_TP_V1

また、当然ながら総量規制の対象外ですので借入金額における制約を受けることはありません。

このカードローンにおける審査規準に関して言えば、利用者がいくつの借り入れをしているのかではなく、総額でいくらになるのかが重要になるようです。

東京スター銀行は使いやすい?

おまとめローンを推奨しているだけあって、金利や限度額など数字で見る限りぜひ使用したいカードローンと言えそうです。

しかしながら、急な借り入れへの対応やATMを利用できないなど、利便性の観点からすると使いづらさを感じてしまうかもしれません。

もっとも、審査の厳しさを考えると、このカードローンを利用できるのかが問題ですね。

ご自身の収入や状況を十分に考慮し、他のカードローンと見比べながら判断しましょう。

借入額の大きいおまとめ・借換ローンは低金利の業者が絶対お得!

カードローンの借り入れにおいて、最も注目すべき点はどういったことでしょうか?

基本的にお金を借りる場合には、毎月の支払いにたいして金利がかかってきますよね。

実際に借りた金額に金利分が上乗せされ、最終的な総支払い額となってくるのですが、様々な機関のカードローンがある中で、金利も各社違いがあるのです。

PPC_1manensatu4mai_TP_V

毎月の決められたに日に支払いを完済するまで続けなければ行けませんので、月々における返済を少しでも安くすることができるでしょうか。

さらに、おまとめや借り換えの場合における低金利で借り入れできる業者を見ていきましょう。

低金利で借りるなら銀行カードローン?

カードローンと言えば、銀行系や消費者金融等で利用することができるのですが、それぞれに特徴があるわけです。

低金利で借り入れることを目的として考えるのであれば、やはり銀行のカードローンを考えるべきでしょう。

消費者金融は銀行と比較すると金利が高く定められています。即日融資や審査の上で比較的通過しやすいということがメリットではありますが、お支払の面で考えると銀行に分がありそうですね。

借り換えに有利な低金利の業者

銀行系カードローンで特に名前が上がるのが、まずオリックス銀行でしょう。

金利も3.0%から17.8%となっており、来店も不要で即日融資できることが魅力と言えます。

さらに、メガバンクとして安心の三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行等も金利が低く設定されており、こちらも最短での融資が可能とされていますね。

他にも、イオン銀行カードローンBIGや、auユーザーならば金利の優遇措置を受けることができるじぶん銀行等も利用できます。

低金利で特殊な業者

ここでは、少し特殊なカードローンをご紹介していきましょう。

まずは、住信SBIネット銀行カードローンになります。

300万円までなら所得証明書不要で、金利も1.89%から7.99%とかなり低い上に即日融資もできるなどメリットが非常に多いのが特徴と言えます。

しかしながら、その審査が非常に厳しく1000万円までの高額融資が可能であり、比較的所得の高い方に向いているカードローンと言えますね。

次に、スルガ銀行のリザーブドプランになります。こちらに関しては低金利はもとより、Web完結をできることが魅力でしょう。

カードローンの借り入れで気になる在籍確認に関しては、すべてWeb上でおこなうことができるメリットがあります。

低金利の業者で注意すべき点

ここまでいくつかの低金利業者を紹介していきましたが、特におまとめや借り換えの場合において注意しなければならない点がございます。

低金利を選択すると言うことは、今現在のお支払よりも安くなければ意味がありません。

単純に金利が安いからという理由だけで、よく考えないで借り換えを行ってしまい、結局最終的な支払い額で以前を上回ってしまったと言うような事案もあるのです。

金利が安く月々のお支払が少なくなっても、返済期間が延びてしまうと、その分の金利を払い続けることになってしまうでしょう。

実際に、今と比較した総支払い額との違いがいくらなのかを十分考慮した上で申し込みをおこないましょう。

正しい知識で円滑に返済を

カードローンにおける情報はテレビやインターネットで簡単に調べることができますね。

ですが、正しい情報から行動しなければ手間ばかりかかって、損をしてしまいますので、十分調べた上でカードローンを利用しましょう

在籍確認って何?おまとめ・借換ローンでもあるの?

借り入れできる金融機関が決まりますと、次に不安になることと言えば、事前確認になるのではないでしょうか

利用者本人の申告内容と相違がないか、実際に収入を得ている職場で働いていいるのかどうかの在籍確認がございます。

利用者の立場からすると、職場にカードローンで借金をしていることは出来れば知られたくないですよね。

それでは、この在籍確認と新規以外におまとめや借り換えの場合でも 必要であるのかを見ていきましょう。

在籍確認とは

カードローンを利用する用件として、安定した収入があることは絶対条件と言えるでしょう。

その為、申し込み時において、何処の職場でどういった収入を得ているのかを申告するこになります。

その後、申し込みのあった金融機関が利用者の職場に申告と相違がないのかの連絡するのですが、これがいわゆる在籍確認と言うわけです。

勿論、おまとめや借り換えの場合においても新規の場合と同様に在籍確認されますので、特に違う内容であるということはありません。

在籍確認の電話はどうやってかかってくる?

金融機関から職場に電話連絡をされると言うことは、借金をしていることがバレてしまうのでしょうか。

これに関しては、特に消費者金湯において基本的に社名を名乗ることは無いようです。

ただし、銀行であればカードローンということではなく銀行名を名乗るようです。

銀行でも利用者が希望すれば、担当者名でかけてもらうことができるようですが、一切社名を名乗らないことで職場に知られることが無いように配慮されている訳です。

PASONAZ160306260I9A1855_TP_V

利用者本人の確認

職場に電話がかかってきた際に、本人が本当に在籍しているのかどうかの確認がされます。

もっとも利用者本人がその電話の応対にでることが出来れば、単純に本人の氏名や住所などの確認することだけで済むのですが、問題は本人が不在の場合はどうなるのでしょう。

PAK77_telsuruoff20140823093027_TP_V

こちらに関しては、実際に電話にでた担当者に左右される模様です。単純に外出しているだけなのか、休日であるのか、最悪の場合は既に退職してしまっているかもしれません。

こういった在籍確認が不確かな場合は、再度あらためて連絡される可能性はあるようです。

特に借り換えの場合には、融資額も大きくなりますので、慎重にならざるを得ないといったところでしょうか。

在籍確認が不要な業者

数あるカードローンには、在籍確認無しでも融資してくれる業者もあるようです。

例えば、イオン銀行カードローンBIGでは本人への電話確認だけで済む場合や、モビットではWeb完結出来るもの、プロミスでは基本在籍確認ですが例外規定もあるようですね。

こういった在籍確認不要の場合に代わる調査としては、職場の社会保険証であったり、源泉徴収や収入証明書等で対応できるようです。

この他にも三菱東京UFJ銀行のパンクイックでは、テレビ窓口対応の店舗にて本人確認を済ましてしまう場合もあるようですね。

正確な申告をしましょう。

カードローンにおいては、新規でも借り換えでも絶対に虚偽の申告はしないということが重要です。

正しい事前申告をしていれば、在籍確認で問題になるようなことは基本的にはないでしょう。

虚偽の申告をすることで、結局審査に落ちてしまったり、個人の信用情報にキズをつけてしまうだけですから注意しましょう。

おまとめ・借換ローンならここで!オススメの業者を解説

カードローンでの借り入れをおこなう場合には、銀行や消費者金融等での申し込みが考えられます。

それぞれの金融機関において、自分に合ったカードローンを選択し事前審査を経て融資を受けることができる訳です。

201205_money_2960_w800

では、新たに借り換えをおこなう場合や多数の債務を一本化するおまとめローンはどうでしょうか。

こういった場合でも新規契約と同様の金融機関において、借り換えローンとしての商品が用意されているのです。

借り換えローンにおける諸条件

おまとめ・借り換えローンを申し込む場合は、新規とは違い審査などで条件が必然的に厳しくなる可能性があります。

特に銀行のカードローンになりますと融資する側としては、貸し付け額も多くなる可能性がありますので、返済におけるリスクを考慮し事前審査は厳しくなるのです。

カードローンの利用者として考えておきたいのは、申し込み後に直ぐに利用できるのかということや金利はどれ程になるのかということ。

その他にも、無利息期間等の優遇措置や収入証明書はいくらまでなら不要になるのか等の付加価値がついていれば、より選択の条件になりますね。

銀行カードローンのオススメ業者

ここでは、銀行に借り換えローンと消費者金融とに分けてそれぞれどういった業者があるのかを見ていきましょう。

まず銀行におきましては、オリックス銀行が使いやすい機関として挙げられ、300万円までなら収入証明書が不要であり800万円まで融資可能です。

金利も3%から17.8%程度となっており銀行でありながら即日融資してくれるのは魅力的と言えますね。

その他にも三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行等も金利が3%程から14%程度と低金利であることから、銀行の借り換えローンを出来れば利用したいと思う理由なのです。

消費者金融系カードローンのオススメ業者

銀行系カードローンと比べると、どうしても金利がやや高いというところが気になるところですね

代表的なカードローンとしましては、CMでもお馴染みのアコムやプロミス、モビット等が挙げられるでしょう。

いずれにおいても、即日融資が可能であることが魅力と言えますし、アコムとプロミスにおいては初回30日間は無利息で利用できるのです。

また、店頭に出向いて行かなくてもパソコンやスマートフォンをお持ちの方なら、web上で申し込むことができますので大変便利であると言えますね。

20091213_pc_8052_w800

その他のオススメ業者

上記にご紹介した業者以外にも、それぞれの用途や状況に合わせたカードローンも見て行きましょう。

まずは、じぶん銀行も借り換えとして利用できるのですが、こちらはauをご利用になっているユーザーであれば金利の面いくらかの優遇を受けることができるというメリットがあります。

その他にも楽天銀行のカードローンならば、楽天ポイントを利用することができたり、プロミスレディースなどの女性の方でも気兼ねなく安心のカードローンもありますね。

注意するべき事項

銀行と消費者金融など、オススメの業者をいくつか紹介しましたが、各業者に借り入れをおこなう際に注意しなければならない点がございます。

例えば、銀行系カードローンでは各地域の地方銀行でも借り換えを利用できるのですが、メガバンクと違いその地銀の口座が必要であるのは勿論ですが、すぐに利用できなかったり、ATMの不便さがあるでしょう。

他にも、インターネットで便利に申し込みできる反面、カードがご自宅に届くのが、数日かかってしまう可能性があるという点では不便さを感じてしまうかもしれませんね。

事前の確認は確実にしましょう

借り換え先の業者が決まりましたら、今一度内容を確認しましょう。

実際に融資が始まってから、思わず返済額が多くなってしまったり不足の事態に陥ることの無いように事前に調べておくことは重要になるでしょう。

おまとめ・借換ローンは消費者金融で?金利が低い銀行がお得?

現在、カードローンをご利用されている方の中には、新しく別の金融機関への借り換えや、数社からの借り入れがある多重債務者であれば、おまとめローンなどを考えるのではないでしょうか。

金融機関を選択するポイントとしては、今の支払いを少しでも抑えることが大事になってくるのですが、その為に月々の金利を含む支払いが少なくすることがあります。

では、その選択として銀行であるのか消費者金融のカードローンで借り入れをおこなうのか、一体どちらを選ぶ方が良いのかを検証していきましょう

消費者金融のカードーローンの特徴

同じカードローンでも各機関において、金利をはじめとして内容が異なってくるのですが、銀行と消費者金融では、その違いがより顕著になってきます

まず、消費者金融においては、何より借り入れのしやすさが挙げられてくるでしょう。その点において事前審査の通りやすさと即日融資になってきます。

更には、総量規制による年収制限の適用外になっていますので、ある程度の金額でも借り入れることができるのですが、ともかく金利が高いことがデメリットと言えますね。

銀行のカードローンの特徴

銀行でのカードローンはどうでしょうか。一番のメリットとして挙げられるのは低金利であると言う点でしょう。

消費者金融と比べても金利の割合が4%前後の開きがあるように、月々の支払いと総支払額で考えても銀行で利用する方が良いように思いますね。

勿論、銀行では総量規制の対象外なので、高額の融資を受ける上では有利と言えそうですが、事前審査が厳しい上に直ぐに融資できないデメリットが存在します。

両者どちらを選ぶべきか?

銀行でも消費者金融であっても、両者それぞれにメリットとデメリットが存在します。

カードローンの使用目的や利用者の状況により一概にどちらが良いとは言い切れない部分があると思います。

max16011542-2_TP_V

しかしながら、やはり支払いは少なく抑えることが借り換えの前提でありますので、低金利である銀行を第一に考えた方がいいかもしれません

銀行での事前審査の状況で借り入れが難しいようであれば、その上で消費者金融への申し込みをするべきではないでしょうか。

借り入れの際に注意するべき事項

まずはじめに、借り入れで最も注意すべき事柄として、短期間で多くの金融機関への申し込みをしないことが挙げられます。

特に消費者金融であれば、信用情報機関へ申し込み履歴として残ってしまいます。

例えば銀行での審査が難しいからと言って他の機関へ一斉に申し込むのは避けたほうが無難でしょう。

残高スライドリボルビング返済には注意しましょう。

月々の返済方式を見ていきますと、金融機関によっては、残高スライドリボルビング方式での返済になっている場合があります。

残高や借り入れに応じて、返済額が変化するわけですが、月々の返済額が抑えられる代わりに、その分返済期間が長くなり元の借り入れ金がなかなか減らない事態に陥ってしまいます。

月々における支払いが少なくなるように見えますが、その分余計な金利を払い続けなければならないでしょう。

元利均等返済と比較するとより多くの金額を支払ってしまうことになりかねません

より良い返済方法で

おまとめや借り換えは、今現在の支払いを少しでも軽減させることが重要であることは言うまでもありません。

CSS_ashiwokumuofficer1292-thumb-autox1600-12522

最終的に今よりも支払いがふえるようなことになるのであれば、無理をして借り換える必要はないわけですから、様々な情報を考慮した上で借り換えを行いましょう。

審査が怖いあなたへ。おまとめ・借換ローンの審査を徹底検証

はじめてカードローンで借入を行う場合には、その申し込み方法や事前の審査等の確認事項について、よくわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

借り入れを行う理由も様々で運転資金や、学費など、どうしても直近でまとまったお金が必要である場合に比較的簡単に利用できるというのが特徴と言えますね。

過去に借り入れの経験もなく、安定した収入があれば、どの金融機関でも審査に対して障害も少なく、安全な融資対象と見なされ、容易に借り入れを行うことができるでしょう。

では、既にカードローンを使用していて、金利等の比較から他の金融機関に借り換えたり、多重債務者などが債務の一本化を目的としたおまとめローンにおける審査であればどうでしょうか?

pose_motsu_card

審査における心構え

基本的に審査そのものの内容は、はじめて利用する場合とほとんど変わりはないのですが、はじめての場合と比べ非常に厳しい審査になります。

まず一番大事になることは、借り入れを申し込むことに対してどれだけ誠実になれるかということになるでしょう。

どうしても借入をしたいと思うあまり、年収を多目に見積もってみたり、いわゆる虚偽の申告をすることは絶対に行ってはいけません

その他にも、審査に必要な事柄として、勤め先による勤続年数や居住地における環境であったり、家族構成等も問われることがあるようです。

多重債務者の注意すべき点

おまとめ・借り換えローンでは、すでに何らかの借り入れがあるということですので、その点を踏まえていくつか重要になる事柄を見ていきましょう。

特におまとめローンの場合、まず多重債務者の審査に関するポイントとして、今現在に借り入れをしているカードローンがいくつあるのかが重要になってきます

一般的に3社以内に抑えることが重要であり、仮に4社以上の借り入れがある場合に審査通過は難しくなるようです。

そこで、自身の借り入れ状況から、比較的金額が少ない金融機関の支払いを完済させるようにして、なんとか3社以内で申し込みができるようにしなければなりません。

申し込みは的を絞ろう

借り換えにおける審査は厳しいと思う観点から、短期間の内に数社に対して集中して申し込みを行うことはやめましょう

こういった行動も金融機関からすれば、要注意人物と見なされるようです。

申し込み履歴についても、個人の信用情報として数ヵ月間残ってしまうようなので、あらかじめ調べた上で借り入れする金融機関を選ぶようにしましょう。

その他の審査におけるポイント

利用者個人の信用情報においては、過去にローンの利用で遅延や滞納など、また債務整理などのいわゆる金融事故に関しての詳細が明らかにされています。

こういった過去の情報も数年間は記録として残されていますので、事前審査で全て明らかにされてしまうといったことになるでしょう。

貸し手からすれば、金融事故を起こした過去がある相手に融資することはリスクを伴い危険と判断してしまうでしょう。

そして、肝心なのは利用者本人の収入の安定性。借り換えに限らず、はじめて利用する場合にも言えることですが、毎月の返済を確実にできるのかが大事になります。

正社員なのかパートなのかはもとより、少なくとも借り入れ期間は転職などするべきではないでしょう。

不利な状況を取り除いて審査を乗り切りましょう

ここまで見ていくと、おまとめ・借り換えは難しいと考えるかも知れませんね。

審査を通過するためにも、一つずつ不安要素を取り除くことで、借り入れ出来るということを考えていきましょう。

money_fueru

おまとめ・借換ローンとは。分かりやすく教えます。

銀行や消費者金融から、何らかの目的に応じていくらか借り入れをしていれば、毎月の支払いに頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか。

特に1社だけに限らず、2社、時には数社から同時に借り入れを行っている場合にその支払いにおける管理だけでも大変です。

金融期間から借り入れを行う場合は、それぞれに金利がかかってくる訳で、もちろん各機関に応じてかかる金利は異なり、その利率も高いものから低いものまで様々ですね。

こういった今現在借り入れしているローンを新たに本化したローンにしたり、今よりも少しでも金利を下げることができる金融期間に借り換えできる方法を見ていきましょう。

借換ローンとは

今現在、返済途中の債務を考えると、いくらかの残債務がある状況で新たに別の金融期間でローンを組み直す手段として借り換えを行います。

その流れとしては、他の金融期間で残債務を新たなローンとして組み直すことができるといった形になるのですが、そのために元の債務を次の機関に全額返済してもらって、その分をローン返済するというこになるのです。

当然のことながら、借り換えを行うことの意味としては、今の負担を軽減させなければわざわざ手間をかける必要がないわけで、金利が安くなるなどのメリットを考えなければなりません。

max16011508_TP_V

おまとめローンとは

金融期間からの借り入れが数社に及んでしまっている場合にそれぞれ金利も異なる上に返済期日もまちまちであったり、その都度口座を管理するのも手間であります。

そういったいくつかのローンを一つにまとめて返済することが出来れば、管理もしやすい上に金利も一本化されるので、余計な出費を押さえることにも繋がりますね。

そのために、借り換えと同様に新たな金融機関から残債務を全額返済してもらって一つの機関で残りの債務をローンとして組み直すことができるのです。

カードーローンにおける一本化

おまとめローンとして考えられるのは、カードローンとしての返済を行っている方が主になってきます。

もっとも、これまでの返済実績において延滞を繰り返していたり、滞納における過程で差し押さえにあっていたりすると、あらためてローンを組み直すといったことは非常に難しくなってくるでしょう。

TC160130090I9A6530_TP_V

貸し手の金融機関も利用者が返済できなくなるような事態を招いてしまう訳にはいきませんので、そういったリスクを回避するためにも事前審査は厳しくなってくるのです。

もちろん一本化とはいっても、あまりに多くのカードローンからの借り入れがあり、いわゆる多重債務者であれば審査の段階で通らない可能性が高くなります

おまとめや借り換えに関する注意事項

これまで述べたようにおまとめや借り換えは、非常に有効であるように感じることができるかもしれません。

しかしながら、ここで注意しなければならないのははたして本当に借り換えをすることが得なのかといったこと。

新しいローンを組み直すということは、その際に手続きに関する諸経費が必要でありますし、もっとも諸経費もローンに組み込むことができるのですが、結果として支払い総額で以前のものより上回ってしまう可能性もありますので注意しましょう。

その為にも、事前にどういった支払いのなるのかのシュミレーションをすることが重要になってきます。いくつかのパターンを考えて計算してみることで、その不安を解消することができますね。